Blogブログ

選手は冬に創られる

本格的に寒くなってきました。来シーズンより高いレベルで走りたいと思っている選手はぜひとも頑張って走りたいもの。題名の通り、選手は冬に創られると言われるほど冬のトレーニングの過ごし方が重要になってきます。


トレーニングに関してメニューは人それぞれですが、LSDでゆっくり走ることだけで強くなれることは少ないです。しっかり春先のレースに向けて1月2月3月とビルドアップを図り、4月のレースに向けて備えたいものです。


この低気温だからこそ身体がオーバーヒートしないので、実は年間を通してパワーを出しやすいこともあります。


冬の寒い時期に気をつける点ですが、まず身体を冷やさないこと。関節の負担などに気をつけることです。


高機能のウエアを着用し、なるべく止まらないように走る。止まってゆっくり休憩でもすれば瞬く間に汗が冷えていきます。ウエアなどに投資をするのはとてもいいことだと思います。なかなか良いものは長持ちしますからね。


また関節や筋肉はなるべく37度以上をキープしたい。要は冷えると怪我をしやすくなります。スポーツバルムやイナーメオイルなどのオイルもオススメです。


食べ物にも気をつけたいものです。胃腸を冷やす食べ物の摂取は控え、季節のものを食べて温かい食べ物を食べましょう。オススメは根菜の鍋ですかね。


季節にあったものを食べ、私生活からか身体を見直しトレーニングを頑張る。


春先のレースで良い成果を出したいものですね。

Recent Post

Archives