Blogブログ

上手くなれば使える時間が増える

転び方も上手い下手があります。最後の最後ペダル外す瞬間まで衝撃吸収姿勢を意識することで、怪我のダメージは減らせます。


受け身が上手いと言えばよりシンプルかな。


上手い人は落ち着いているから、着地する瞬間までスローモーション。


そのスローモーションのお陰でいろんな手段を使うことができる。


手首や鎖骨を折らない、転び方のデモンストレーションをもっと行いたかった。



12/23
RoadRace Academy(RRA)にて
Photo: Yumi Usui

Recent Post

Archives